Entries

南国のPapai Noel

クリスマス"Natal"は、僕が毎水曜日に演奏するバー"BipBip"のオーナーAlfredinhoに伴って、彼の友人宅で過ごした。ブラジルではクリスマスは家族で過ごすのが常なので、Alfredinhoは、リオに家族のない僕に気遣って招いてくれたのだろう。優しい人だ。その心の優しさゆえに、BipBipの恒例行事として、12月24日には近所のfavela(スラム)の貧しい子供たちのために、無料で昼食をふるまうのだ。10数年続けて来たという。今回は120kg...

Feliz Natal!

水曜日、コパカバーナのバーBipBipで"roda de bossa(ボサノヴァの輪)"を再開。まだ人の集まりはかんばしくないが、歌いまくり、弾きまくりの3時間!の再開である。今回はアパートは借りないつもりだったが、やはり一人が気楽だ。仕事もしっかりしたいし。ということでフラメンゴに居を定めて引っ越し。家具付きアパートだが、必ず何か問題はあるもので、今回はこの冷蔵庫。40年以上、いやひょっとすると僕より年寄りか。アメリ...

明日サンパウロでライブ

12月4日、無事リオに到着したのだが、インターネットのある環境にいないためになかなかブログも更新もできずにいた。昨夜サンパウロに移動してきて、ようやく友人宅でこうして更新できるしだい。サンパウロにやってきたのは、他でもない、このフライヤーにある通り明日日曜のライブのため。2008年10月以来久々、ブラジルでのソロライブ。といっても特に緊張はしてない。僕としては先月の西日本ツアーの延長線上にある感じ。演奏場...

無事ビザ取得

昨日、アスンシオンからバスで写真のような風景の中、延々と6時間、しかし実際は時差ぼけでほとんど眠っていた。僕の時差ぼけはいつも長引いて、一週間以上はかかる。いや、一ヶ月は奇妙な早寝早起きが続くのだ。夕暮れ時に着いたエンカルナシオンは、落ち着きある平和な田舎町。昨年ここに来た時はビザが出るかどうか、本当にわからなかったので、極度の緊張の中にいたが、今回はこの街の落ち着きを十分味わうことができた。今朝...

アスンシオン到着

昨夜、成田から36時間かけて、ようやくパラグアイの首都アスンシオン到着。昨年同様のブラジルへ至るための長旅の開始である。機内ではほとんど眠れなかったので、このホテルの部屋から撮った写真の夕暮れ同様、僕のまぶたも落ちかかっていた。とにかく風呂に入ってさっぱりしてから、ぐっすりと眠る。今年のパラグアイの夏は、昨年(42度だった!)よりしのぎやすいようで安堵した。今朝は、早起き。疲れも半ばとれたようだ。今年...