FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trovador.blog58.fc2.com/tb.php/142-2fbcfc85

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ある晴れた日の子供は

本日ご紹介するのはアルバム4曲めの「ある晴れた日の子供は」。
今年の初めだったか、ライブで共演したパーカッションの石川智君に「この曲の子供は、臼田さん自身?」と聞かれた。答えはNo。僕は学び舎を抜け出すような子供ではなかった(笑)。
しかし、「ある悲しみを心に秘め」た子供ではあったように思う。現実から逃げ出したかったなぁ。だからこの子供の気持ちはよくわかる。そして歌詞後半の「風を切り、風になる、微笑みながら」ここに今の自分にも生きている子供の心があるような気がするのだ。そうか、子供のことを歌いながら、大人の心をも歌っていたのかも知れないな。
そもそもなんでこんな歌を作ったのか、て?
それはいきなり「ある〜晴れた日の〜子供は〜♫」と冒頭の詞と曲が一緒に生まれてしまったからですよ。一緒に生まれてきたものは、絶対に!生かすと決めている。しかし、その後、子供の「小さな旅」をどう描くかは、なかなか難物だった。それに「ある〜」の2音のメロデイにハマる日本語なんて、限られている。「ああ」「もう」「いま」「でも」「ただ」 etc. ええぃ、面倒な。ならば8箇所全て「ある」で統一してしまえ!と、かなり意欲的な、いや、挑戦的な作詞を行なったのであった。
-------------------------
臼田道成 vocal, guitar
中浩美  accordion
渡辺亮  percussion

試聴する

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trovador.blog58.fc2.com/tb.php/142-2fbcfc85

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Michinari Usuda

Author:Michinari Usuda
臼田道成ブログへようこそ!

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。