Entries

長い夜のどこかで

本日はアルバム9曲目「長い夜のどこかで」をご紹介。
このアルバム13曲の中で、曲の体格から言って「嘆きの星」「世界中を青い空が」と並んで「重量級」トリオの一角。
これを作曲した直後、「お、これはスメタナの『モルダウ』ではないか!」と驚いた。確かに冒頭の2小節はモルダウにちょっと似ている。
そして、歌詞はというと、その頃映画館で観たジム・ジャームッシュ監督の"Night on earth"(邦題「ナイト・オン・ザ・プラネット」)にインスピレーションを得て書いたものだった。同じ時刻に地球上の5都市の片隅で展開する様々な人間模様を描いた映画。この歌の中では「夜の闇(ある若者)」「日照りの大地(民衆)」「青い海(神)」「遠い星(宇宙人)」「この街(私)」「暗い夜空(天使)」と場所と主人公が次々と移り変わる。
思えば、95年発表の旧アルバム「風」は自分、すなわち臼田道成本人の心の物語、経験を歌ったものが殆どだった。タイトル曲「風」然り、「その夢にかえて」然り、「心のアルバム」然り。
が、今回のアルバムでは、歌手臼田は、より「語り部」となっている。
そうだ、思い出した。その昔、ある作詞家(松任谷由実さんのお弟子さんとか)に、こうアドバイスされたことがあった。「臼田君の歌を聴くと、聴き手の女の子たちは臼田君本人のことを考えてしまう。彼女たちの彼氏を思い浮かべるような歌詞にしなきゃいけない」とのたもうた。「てやんでぇ、聴き手が俺のこと考えて、どこが悪いんだ!」と若い臼田は腹の中で断固抵抗したものだ(笑)。
さて、どうだ、時を経て、臼田は自分のことを語らなくても自己を表現できるようになりましたとさ。
人間、焦ってはいけない。人にはそれぞれの、成長の速度、過程があるのだから。「臼田君はこうしなくちゃ、いけない」なんて言っちゃいけない(笑)。
-------------------------------------
trombone, piano, keyboards 池田雅明
acoustic / electric guitar 松尾和博
drums 石川智
backing vocal 臼田道成

試聴する

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trovador.blog58.fc2.com/tb.php/147-fc2b92ce

トラックバック

コメント

[C182] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Michinari Usuda

Author:Michinari Usuda
臼田道成ブログへようこそ!

検索フォーム