Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trovador.blog58.fc2.com/tb.php/149-4474e99a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ルドンの蝶

本日はアルバム11曲めの「ルドンの蝶」をご紹介。
アルバム中で唯一歌詞のない曲。いや、歌詞をつけようかと思ったこともあるのだが、つけない方が良い、いや、つけようがない、という結論に達した「不思議系」の曲。不思議なものを僕の拙い言葉で定義することを避けた、とも言える。その不思議世界を、池田雅明君のピアノと、渡辺亮さんのパーカッションがみごとに演出してくれた。
「ルドン」はあの、目玉や、奇妙な生き物や、花を描きながら、不思議な幻想世界をモノクロームで、または氾濫するような色彩で表現した画家オディロン・ルドンのことである。曲ができあがったとき、これはまさしくルドンの世界だな、と思ったものだが、あらためてルドンの画集を見直してみると、意外なことに蝶はあまり舞っていなかった。あれれ。でも、まあよい。ルドンが蝶を描いたら、こんなだろうというような、怪しい蝶だ。もうほとんど「蛾」なのかもしれない(笑)。池田雅明君は、ボサノヴァアレンジの間奏のピアノで、そんな蝶の怪しい「舞い」を表現してくれた。まるで粉が降ってくるようではないか。そして、そのバックでは鳥の声やら、怪しい虫の羽ばたきなどを、笛やビリンバウなどを駆使して「音の絵描き」である渡辺亮さんが現出してくれた(スタジオの録音ブースで怪しい動きをしながら、不思議音世界を奏する亮さんそのものがルドン絵画の一部のような気さえしたものだ)。
僕は歌手だが、楽器奏者はいいな、と羨ましく思うことが多い。言葉のない音楽は絵画に通じるけれど、言葉のある音楽は半ば文学に属してしまう。それが、鬱陶しいと思わぬこともない。
全13曲を続けてお聴きになるリスナーの方が、10曲も続けて「文学」に付き合わされたら、この辺りで言葉から解放されたいと思われるのではないだろうか。「ルドンの蝶」にこのアルバムの中でそんな役割を担ってもらおうと思ったのも事実。
ああ、しかし「ルドンの蝶」というタイトルがすでに文学的なのかもしれないな。やはり解放は無理か(笑)。ラララでも、臼田が歌えば、それはもうほとんど言葉だ。仕方ない、お付き合いいただきましょう。臼田道成短編集より「ルドンの蝶」。
-----------------------------------
piano, keyboards 池田雅明
acoustic guitar 松尾和博
nylon strings guitar 臼田道成
electric bass 村上聖
percussion   渡辺亮

試聴する
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trovador.blog58.fc2.com/tb.php/149-4474e99a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。