Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trovador.blog58.fc2.com/tb.php/20-933dbef2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

池田朋子ライブ、そして楽屋13周年イベント出演

2009/7/18マンダラ


一昨日、南青山マンダラにて池田朋子さんのライブ「文月夜会」にゲスト出演。朋子さんの独特の世界のオリジナル曲と、ボサノヴァ名曲で構成された、毎年恒例となっているライブで、バックをつとめる面々の殆どは僕の古くからの共演仲間(亮さん、新岡さん、マサ池田君、ウエキ弦太君)たちでもあり、懐かしい再会と共演がとても嬉しかった。僕は、第一部での出番がなかったので、ついカウンターの方で生ビールを2杯やってしまい、インターバル中の楽屋では「あれ、ろれつがおかしいよ」と指摘もされたが、第二部、まあなんとか(少々ミスもおかしたが)役目は果たせたかと。で、またライブ終了後も全員の打ち上げで生ビール。楽しい夜だった。朋子さん、ライブの成功、Parabens! おめでとう!

そして昨日は、中目黒の楽屋(らくや)「13周年記念ライブ」イベントに参加。夕方5時、だからまだ明るかったが、たそがれに向かう、ブラジル音楽にはうってつけの時間、最高の音環境の中、我らトリオ(臼田、中浩美、渡辺亮)で1時間の演奏。1時間だから、僕らトリオのこの半年間に積み上げたレパートリーから10曲、すぐれたものだけをとりあげ密度の濃い構成にしたつもり。Passarim、Oceano、Samba do aviao、Piano na Mangueira、Milagre dos peixes、Berimbau、Cancoes e momentosなどなど。そして13周年のお祭りなので、臼田とっておきの祝祭的ナンバー"Volare"をラストに。
その祝祭気分もそのままに、さっさと帰宅して、6年ぶりに故郷与野の祭り(神輿がとても良い)つまり「日本の夏」を見物しようと思っていたのだけれど、ああ、もう今から帰っても遅かりしだな、と見きわめ、中さん、亮さん、そして来てくれたお客さんたちと近くの「もんじゃ焼き」の店へ。さすが、広島出身の亮さんの「鉄板奉行」ぶりが頼もしかった。「カンカンカン!」と鉄板をへらで叩く音が、これはもう演奏の続きかと思わせる見事なもので、思わず中さん、「パーカッションやらないように!」とか言ってたけれど、いや、楽しい打ち上げであった。うむ、じゅうぶん「日本の夏」だったなあ。
そして終電で与野本町駅に着いて、えっさほいさとギター担いで帰宅途中、向こうの方、笠森神社(うちの近所の神社。僕の幼時の遊び場。神輿の終点)にまだ明かりが灯っていて、足袋をはいた若い衆などが出てくるので、もしやと思い行ってみると、あった。あの美しい神輿が。もう担ぎ手達が片付けを終わらせるころ、壮麗な神輿が、二日間の「舞い」を終えて、神社の真ん中に無言で鎮座するそのたたずまいの美しさ・・。リュックを背負って、ギターを持った妙なひげづら偽ラテン男が、忙しそうに立ち働く白足袋の若い衆の間で、神輿を睨んで立ち尽くす姿は異様だったかも知れないが、かまうものか。懐かしかった。子供の頃から見ている与野のお神輿。
来年は、舞っているところを、見たいものだ。


2009/7/19楽屋

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trovador.blog58.fc2.com/tb.php/20-933dbef2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。