Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trovador.blog58.fc2.com/tb.php/22-f9e203da

トラックバック

コメント

[C37] Parabens!

信州佐久のコンサート、ご成功おめでとうございます!
一枚目の写真の臼田さんは、仙人様のように白く光っていますね。 
最高の音響の中で聴く演奏と歌声は、佐久の方々の心の中に深く染み渡ったことと思います。
打ち上げのお話も、思わず読みながらクスッと笑ってしましました(^^
  • 2009-08-29 19:55
  • mipo
  • URL
  • 編集

[C38] 打ち上げ仙人

はは、仙人、ね。なかなかその「境地」までは行きませぬ。
打ち上げのときだけは、どうも浮遊感にひたっているようですが。
しかし、良い演奏の数だけ、良い打ち上げもあるもので
ますます精進せねばなりませんな。
  • 2009-08-30 02:25
  • Michinari Usuda
  • URL
  • 編集

[C39] お疲れさまでした

臼田さんと佐久との不思議なつながりを知って、いろいろ納得しました。
行きたかったなぁ~
(行こうかな~と思い、佐久・臼田近辺のビジネスホテルまで調べたんだけど・・・)

だいぶ前、自転車旅行で臼田に立ち寄ったことがあります。
鯉がスキだったら、また行きたい場所なんだけど。苦手なので。
  • 2009-08-31 09:29
  • りこりす
  • URL
  • 編集

[C40] 佐久

りこりすさん、
ああ、鯉が行く手を阻みましたか、残念!
でも、確かに佐久といえば鯉。
水と空気の澄んで美しい場所です。
我が愛する八ヶ岳と浅間山を望む町。
ライブのMCで言おうと思っていて忘れてしまったことですが、
実は僕は小六のとき、与野東中でなく、佐久市立野沢中学校に「越境」入学させてくれと親に嘆願していたくらいなのですよ。
  • 2009-09-01 02:22
  • Michinari Usuda
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

信州佐久で、『トロバドール』千秋楽

cosmo live

忙しさにかまけて、もう6日がたってしまったが、記録せずにはすませない、信州佐久はコスモホールでのコンサートについて書いておこう。
昨年8月、つまり一年前のこの時期、リオで開始した一連のCD『トロバドール』発表ライブの「千秋楽」とも言える演奏会だった。『トロバドール』の構想、準備から数えればもう4年になるのだろうか。いよいよ、「トロバドール」からの卒業である。その最後を飾るにふさわしいコンサートになったと思う。

あれは今年3月であったか、まだじゅうぶんに寒い信州、まっ茶色の風景の佐久平、当地の友人K氏とともにコスモホールの下見をし、その後新幹線の終電まで佐久平駅前の飲み屋で二人で一献傾けながら策を練り始めてから、はや半年近く。多くのライブとレッスンに忙殺されて、十分な準備ができたとは言いがたいが、親戚の方々(佐久は僕の父の故郷、そして僕が幼少時代から愛する土地)の厚い支援で、なんと150人以上の大入り、その上ご静聴いただき、また台風にも見舞われず、選挙日にもあたらず、僕ら演奏陣(おなじみ中さん、亮さんに加え、甥の若手トロンボーン奏者島田直道)も最高の演奏を披露、そして佐久のエンジニア鈴木氏による最高の音響環境、受付その他における優秀なスタッフ陣によるアシスト、と僕の音楽人生で、もっとも恵まれた環境での、大成功コンサートとなった。
なんだか、あまりにすべてがうまく行ったので、実感がわかなかったが、今よく思い出すと、どうも佐久のご先祖のご加護、を思わずにはいられない。僕のサンパウロの親戚たちのご先祖も、90年近く前にこの土地から旅立ったのだ。そこで、僕がブラジル音楽を演奏することは、偶然ではないかのごとくだ。もちろん郷愁の歌である「椰子の実」を歌う前に、そのブラジルの親戚たちのことについて語ったのは言うまでもない。

大成功のコンサートの後は、もちろん大打ち上げ。メンバーみな、その一日、おにぎり三個(女子は二個)しか食べてなかったのだ。みな大いに飲食すべく、スーパーでしこたま買い込んで、我が信濃追分の山荘へ。いつも最後まで飲み続ける僕は、お約束通り狂態をさらしていたらしいが、都合良くそれは覚えていない。ただ、K氏を見送った後、友人Mと高原の朝陽を浴びながら、「さあ、saideira(最後の一杯)やるか!」と吠えていたことだけは覚えている。

アルバム『トロバドール』発表ライブの千秋楽、親戚の方々との合作、ご先祖のご加護、ブラジルとの絆、甥っ子との共演、久々ヘビー級の打ち上げ、等々、様々な要素の混在した、実に充実した二日間であった。また、遠くないいつか、この地で演奏したいと、心から思った。

さて、明日は目白のレストラン"La Mujica"での演奏。共演はチェロの唐沢彩子さん。
見知らぬ人々に向けての演奏となりそう。いつも通り、精一杯の演奏を目指そう。

cosmo live2








スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trovador.blog58.fc2.com/tb.php/22-f9e203da

トラックバック

コメント

[C37] Parabens!

信州佐久のコンサート、ご成功おめでとうございます!
一枚目の写真の臼田さんは、仙人様のように白く光っていますね。 
最高の音響の中で聴く演奏と歌声は、佐久の方々の心の中に深く染み渡ったことと思います。
打ち上げのお話も、思わず読みながらクスッと笑ってしましました(^^
  • 2009-08-29 19:55
  • mipo
  • URL
  • 編集

[C38] 打ち上げ仙人

はは、仙人、ね。なかなかその「境地」までは行きませぬ。
打ち上げのときだけは、どうも浮遊感にひたっているようですが。
しかし、良い演奏の数だけ、良い打ち上げもあるもので
ますます精進せねばなりませんな。
  • 2009-08-30 02:25
  • Michinari Usuda
  • URL
  • 編集

[C39] お疲れさまでした

臼田さんと佐久との不思議なつながりを知って、いろいろ納得しました。
行きたかったなぁ~
(行こうかな~と思い、佐久・臼田近辺のビジネスホテルまで調べたんだけど・・・)

だいぶ前、自転車旅行で臼田に立ち寄ったことがあります。
鯉がスキだったら、また行きたい場所なんだけど。苦手なので。
  • 2009-08-31 09:29
  • りこりす
  • URL
  • 編集

[C40] 佐久

りこりすさん、
ああ、鯉が行く手を阻みましたか、残念!
でも、確かに佐久といえば鯉。
水と空気の澄んで美しい場所です。
我が愛する八ヶ岳と浅間山を望む町。
ライブのMCで言おうと思っていて忘れてしまったことですが、
実は僕は小六のとき、与野東中でなく、佐久市立野沢中学校に「越境」入学させてくれと親に嘆願していたくらいなのですよ。
  • 2009-09-01 02:22
  • Michinari Usuda
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。