Entries

教室発表会、そして鷹の台ボッサ

10月31日、我がアルゴボサノヴァ教室の第5回発表会。
大塚Espeto Brasilにて、14人の生徒が緊張の中、中浩美さんのピアノ、フルートのサポートと共に精一杯の演奏披露。
5年ぶりに教室再開した昨年は、生徒たちの進度を見てまだ発表会と名付ける気になれず、「懇親会」としてそれぞれの演奏披露を通したふれあいの場としたのだが、今年はようやく「発表会」に昇格。緊張と笑いの織りなす、美しい場になったと思う。そして楽しい打ち上げの宴は例によって、講師臼田の酩酊伝説をひとつ付け加える結果となってしまったようだ。

Happyoukai


11月3日、イベント「鷹の台ボッサ」。鷹の台、一ツ橋学園地域の8カ所同時にボサノヴァライブが行われるという画期的な催しである。このようなボサノヴァのイベントは世界的に見ても珍しいだろうと思う。まことに、日本こそボサノヴァ保存に寄与しているとあらためて実感。僕はこの日2カ所で演奏したが、その一件めはなんと高校時代の同期生O君の主宰する「おだまき工房」であった。なんという奇遇。二件目の"Cafe Shingtong"でもお店のおだやかな雰囲気の中、サポートのJohnyいておさんと楽しく演奏し、その隣の赤ちょうちんで打ち上げ。しっとりとした日本の秋、ボサノヴァ、赤ちょうちん・・これもいいもんだ。
11月23日には、同「鷹の台ボッサ」のファイナル・イベントが行われ、僕も16時頃に20分ほどの演奏予定。

Odamaki



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trovador.blog58.fc2.com/tb.php/55-35ef5d4a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する