Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trovador.blog58.fc2.com/tb.php/78-0d8aa987

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Pindorama6月号より拙稿

とにかく暑い...
「僕は蒸し暑いのには慣れているんだ。リオに長いこと住んでいたのだからね」などと強気なことを言っていられたのは先月まで。昨夏もそうだったが、結局梅雨が明ければ、日本の夏にあえなく降参してしまうのだった。実際、今の日本(僕の活動する東京および埼玉)の夏は「リオ以上、マナウス以下」であると言ってよいのではないか(マナウスはアマゾン河沿いの都市)。リオの夏は気温こそ日本より高いが、海に近く風がよく通るせいか、体感温度は東京より低いのだ。いや、マナウス以下、もあやしいぞ。マナウス並み、ではないのか。日本の夏はもはや立派に「熱帯」の夏である。
さて、今回は現在真冬!のサンパウロで発行されている雑誌"Pindorama"の6月号から、連載「新・一枚のブラジル音楽」の拙稿を紹介しよう。

----------------------------------------------------------------------------------------

Luiz Bonfa “Bossa Nova”
ルイス・ボンファ 「ボサノヴァ」


Bonfa


「あなたとブラジル音楽の出会いはどんなものだったのですか?」
その問いに対して、僕ははっきりと、どのような状況で、何の曲であったか、明確に答えることができる。あれは26年前の大学受験浪人中、ある秋の夕暮れであった。何の気なしに聞いていたFMラジオから流れて来たひとつの旋律。なんと美しい旋律であろうか。僕の心は、その哀切なそよ風のような調べに完全にさらわれた。
実はその曲は、有名な映画音楽としてすでに知っていたものであったが、ギターによるその演奏は、いわゆる“brasilidade(ブラジル性)”と“saudade(懐かしさ)”に満ち満ちた演奏だったのだ。僕はその瞬間「恋」に落ちた。ブラジル音楽というものに。そしてその日を境に、僕の全情熱は一気にブラジル音楽へと傾けられることになったのだ。

僕のその後の運命を変えたその曲の名は「カーニバルの朝(Manha de carnaval)」。そして、そのギターの音色の主は、僕の記憶が定かであるならば、「ルイス・ボンファ(Luiz Bonfa)」。この名曲の作曲者本人である(あの演奏の後、確かアナウンサーがこの名を告げたと記憶している)。(註1)
この「カーニバルの朝」、たぶん日本においては、世界でビートルズの「イエスタデイ」に次いで多く演奏されるという一大名曲「イパネマの娘」よりも、親しまれているであろうというのが僕の見解である。しかも、この正式名称でなく「黒いオルフェ」として、である。「ああ、あの曲か」、と今膝を打った方もいらっしゃるのではないか。そう、この曲は、1959年カンヌ映画祭グランプリ受賞作品の映画「黒いオルフェ」の挿入歌として世界に広まったのである。この曲が日本でとりわけ愛されてきたのは、南国のエキゾチシズムよりも、むしろ日本の歌謡、特に演歌に通じるような哀切な短調の旋律が私たち日本人の琴線に触れるからであろう。

僕は、この曲を耳にして「これがボサノヴァというものなのだろうか」と思い、その後ボサノヴァ、ボサノヴァと探しまわることになるのだが、実はこの曲は厳密にはボサノヴァではなく、ボサノヴァ以前に流行った、「サンバ・カンサゥン」というスタイルのものであった。サンバ・カンサゥンの名は昨今のブラジルでは、時代遅れの男性下着の俗称(いわゆるデカパン)として利用されるまでに成り下がっている。
今回ここにご紹介するアルバムも、このコーナーで以前とりあげたボサノヴァの名盤「ゲッツ・ジルベルト」と同じプロデューサー、クリード・テーラーにより制作され、またタイトルに「ボサノヴァ」の名を冠しているにも関わらず、僕にはしっかりサンバ・カンサゥンのアルバムに聞こえる。陰翳に富み美しい旋律、溢れるような叙情性。やはり、ボンファはサンバ・カンサゥン世代の古いギタリストか、と切り捨てる寸前で、僕はボサノヴァにまつわる一つの言葉を思い出す。

Intimidade「親密」。たった1メートル前にいる、たった一人に向けて奏でられる親密な音楽、それがボサノヴァだと、僕は思っている。歌でそれをもっとも上手に行なうことができる人は、ジョアン・ジルベルト。ギターでもっともそれを上手に行えた人が、このルイス・ボンファなのかも知れない。そしてその「親密」ということこそが、このサンバ・カンサゥン世代のギタリスト、ルイス・ボンファとボサノヴァとを結びつける重要な一点であったと、僕は思う。
実際、彼の演奏を聞いてみれば、そのギターの音色はまるで耳元の甘く優しい囁きのよう。涼やかでいて温かく、そして声を荒げることが決してない。これはつまりジョアン・ジルベルトが声で行なっていることではないか。ジョアンがボンファに捧げた曲(註2)があることを考えても、二人の間に共通に流れているものを見落とすことはできない。

つらつらとそんなことを考えながら、この一枚13曲を聞き終えるとき、僕は再び思い出すのだ。あの秋の夕暮れのひとときを。そして現在の自分を再確認する。26年前、一瞬にして「恋」に落ちた僕が、長くつらい大恋愛の末、今ではブラジル音楽と幸せに“casado”、結ばれていることを。離婚?ありえないだろうなあ。ことブラジル音楽とは。

註1:
このアルバム収録の「カーニバルの朝」は、筆者が最初に聞いた演奏とは別の録音です。

註2:
Um abraco no Bonfa(ジョアン・ジルベルト作曲)


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trovador.blog58.fc2.com/tb.php/78-0d8aa987

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。